第6回 ストーリーが見えるよう撮る

こんにちは。瀬川陣市です。

いよいよ、このブロガーのための撮影講座も最終回となりました。
最後は、これまで紹介してきた内容も網羅して、ブログでストーリーを作ることを想定しての写真撮影についてレクチャーしてみましょう。

記事のストーリーを後押しできるような写真撮影をするためのポイントをまとめてみました。


写真が先か、記事が先か

ブログを書いていくときに、写真が先にあって記事を書くのと、逆に記事に合わせた写真を探すのと二通り方法があります。書き手の都合のいい方法で作ればいいので、どちらでも方法としてはいいでしょう。

しかし、ここでは写真を主体に考えているので、写真撮影をするときにブログを想定して撮るということを考えてみていきたいと思います。

あるテーマをブログに書きたいと思いながら、その写真を撮るということは、頭の中にどのような写真カットがあれば自分の記事にマッチするかを想像するということでもあるわけです。

そのようなカット割を想像しながら撮影するという手法を今回は解説していきたいと思います。

場所を伝えるために考えること

ここからは架空のブログ記事を例にしながら解説していきたいと思います。それではまずそのブログの最初のパラグラフをご覧下さい。

羽田空港での海老かきあげそば

羽田空港から出張に出る際に、よく立ち寄るお気に入りのそば屋が空港ターミナルにあります。
ANAの出発ゲート60番付近にある、「そば一空」という店がそれ。

61-70番ゲート方面の手荷物検査場を出るとすぐにあります。「うどん・そば」というのぼりもあるので、よく注意して見てみると見つかると思います。

60ゲート近く

60番ゲート付近にあるそばうどんの「そば一空」。手荷物検査場からも近くです。(写真-1)

店前

「そば一空」のお店前。特に店構えがあるわけではないので、よく見ないと見落とすかも。(写真-2)

のぼり

「そば・うどん」などののぼりも出ているので、探す目印に。(写真-3)

と、ここまでのパラグラフでまずは見ていきましょう。このブログでは、筆者がお気に入りのそば屋を紹介しています。最初に「羽田空港」と場所を指定して、さらに細かく空港内の場所まで紹介しています。

この展開で必要な写真はどんなものでしょうか。羽田空港と指定しているので、空港自体はすでに大部分の読者は、どんなところなのかは想像が付きます。なので羽田空港を紹介する写真はなくてもよいですね。もちろん羽田空港の正面玄関の写真があればより明確にはなります。

そして、次に「60番ゲート付近」という空港内の特定の場所を指しています。この部分については、わかる方はほとんどいないので、この場所が明確にわかる写真があるとより具体的になります。

それを表すのが写真1。ゲートナンバーの「61-70」という表示を入れて撮っていることで場所を表す写真になりました。

さらにお店はどんなところなのかを説明するために、写真2で店舗前の写真を撮り、「うどん・そば」ののぼりがあるところの写真3も撮ってあります。

このように場所を示す撮り方は、全体の場所を示す撮り方、お店などの特徴を表す撮り方などがあり、それらを意識して撮影しておくと、ブログで使うときにも写真でより細かく説明ができるようになります。


どんなものなのかを伝える

では、続きのブログを見ていきましょう。


ここでのお気に入りはなんといっても「海老かきあげそば」。
この店では好きな揚げ物をチョイスしてそばかうどんを選んで注文するというセルフ式。
なので「海老かきあげそば」というメニューがあるわけではなく、自分の好みの組み合わせを勝手に名づけたもの。

この「海老かきあげ」は、身の部分だけでなく足の部分もふんだんに入って揚げていて、海老の味を堪能できるかきあげなのがお気に入りのところ。これをそばと合わせて食べるのがとってもいいのです!

海老の足を揚げたところがサクサクッといい感じの歯ごたえとともにすするそばは、出張前のいいリラックスタイム。

海老かきあげ

海老の足もふんだんに入っていて味といい歯ごたえといい抜群に旨いのです。(写真-4)

海老かきあげそば

そして注文したそばと一緒に食べれば、海老かきあげそば。たまらんです。(写真-5)


このパラグラフでは、この記事のメインとなる「海老かきあげそば」について触れています。
当然ここでは、この「海老かきあげそば」の写真が必要になってきます。

写真5の器に入ったそばの写真は、だれでも撮るパターンでしょう。もちろん必須のカットです。
ここの撮影では、第3回で紹介した「接写」や第4回で解説した「ズームで形が変わる」などの撮り方が応用できるシーンです。

普通だったら、この器のそばの写真だけで終わってしまうのですが、なんといってもこのブログを書くためのメインのものです。さらに突っ込んだ写真があるとよりその強い思いを伝えることができます。

それが写真4のセルフで用意された海老かきあげのもの。ここでの写真は小さいので解説はよく見えませんが、実際のブログでは、ポップアップ式などに設定してこの説明の部分を読んでもらえるように大きめのサイズで見せてもよいですね。

メインで伝えたいものは、多角的に写真を撮っておくと記事にするときにも使いやすくなると思います。


具体的な情報などを伝える

それでは、最後のパラグラフです。


客席はカウンターとテーブル、あと立食用のカウンターもあり、サッとかきこんで搭乗口へと急ぐというお客さんもたまに見かけます。

空港の搭乗ゲート内のそば屋ですから、ゆったりするというよりサッと食べて立ち去るという駅の立ち食いそば屋にイメージは近いかもしれません。

そして、気になるお値段ですが、そばが480円でかきあげが150円。空港内ということでそばは少し高めな感じですが、かきあげはこれで150円は安い!今度タッパを持って行き、かきあげだけを詰めて帰ろうかな(笑)。

もし、ANAの搭乗口で見かけたら一度試してみてくたさい。「海老かきあげ」がともかく旨いです!

店内

店内はカウンター席、テーブル席、そして立食と個人でもグループでも対応された作りになっています。(写真-6)

レシート

お値段は、そばは480円と少し高め。ですが、海老かきあげが150円、これは安いと思います!(写真-7)


ここでこのブログは締められています。最後のところでは、お店の記述が出てきました。
店内がどうなっているか、これは結構気になるところですね。撮れる範囲で店内の雰囲気が伝わる写真があるといいでしょう。

このときの撮り方は第2回のところで解説した、「撮り方によって主題が変わる」ということを意識してみましょう。

そして、最後に値段についても触れています。これは必ずしも写真が必要な部分ではないのですが、メニューなどの写真があれば、より具体的にそのものの値段やお店の雰囲気が伝わり、信憑性も確かになります。ここでは、レシートを使った写真ですが、これでも十分値段を伝えることができる写真になります。

実際にリアルなお店を紹介するのですからその具体性を示したり、値段などの情報も入れ込むとを写真を撮る時にも意識するといいですね。

このようにひとつのストーリーをブログにしていくのにも、撮影するときに意識するポイントはいくつかあるわけです。これ全部を網羅していく必要はないのですが、ブログの記事に必要な写真とはなにかということを意識して撮影していくのが大事かなと思います。


それでは、今回のまとめです。

【今回のポイントはココ!】
・ストーリーがあるものは、撮影するときにカット割をイメージする
・場所の説明が見てわかる写真の撮り方を意識する
・メインとなるものは多角的に撮っておく
・具体性、信憑性を高める事実を伝える写真を撮っておく
・自分のブログに必要な写真はなにかを意識する


さて、6回に渡ってお送りしてきた、写真講座いかがでしたでしょうか。
伝えきれない部分やわかりにくかった箇所などもあったかとは思います。

ブログに使う写真を撮る時に、意識しておくと役に立つかなと私なりに感じたところを凝縮してみました。ひとつでもお役に立つものがあれば嬉しく思います。

また違う機会で、このMONO-PORTALでもお目にかかることがあるかもしれません。
またそのときはよろしくお願いします。

下記のサイトでも記事を書いていますので、こちらも訪ねてみてください。
・オールアバウト 写真撮影
・フォトライフコンシェルジュ

これまでお読みいただきありがとうございました。


写真・テキスト 瀬川陣市
Photo&Text(c) Jinichi Segawa - All Rights Reserved.
記事・画像の無断使用・転載は禁止します。





« さらばT200また会う日まで | トップページ | サイバーショット「DSC-T200」モニター企画(1)とことこ散歩さんの場合 »





サイバーショット新製品レビュー サイバーショット「DSC-T200」 ■サイバーショット「DSC-T200」

サイバーショット「DSC-T70」 ■サイバーショット「DSC-T70」

TVCMでもお馴染み「スマイルシャッター」機能搭載のサイバーショット最新モデル!いち早く購入した方々のレビューをご紹介いたします!


サイバーショット「DSC-W200」 サイバーショット「DSC-H7」

モニターレビュー最新記事 モニターとして、最新サイバーショットを約1ヵ月間体験するブロガー達の新着レビュー記事です。

関連リンク MONO-PORTAL
MONO-PORTAL
LLPレビューブログ推進委員会


サイバーショット公式サイト
ソニースタイル

RSS 新着記事の情報を取得する
Powered by Movable Type