アクセサリー「リングライト」の威力

DSC02190.JPGサイバーショット用のアクセサリーとして発売されているリングライトを、ちょっとお借りする事が出来たので、少し使ってみる事にしました。

近接撮影のライティングを効果的にするアクセサリーという事で、モノ撮りが多いブロガーさんにはピッタリのアクセサリーです。



DSC02247.JPG

これがリングライトです。

手前についているADJUSTボタンで各対応モデルのレンズの高さに合わせます。

DSC02248.JPG

横幅を合わせるスライド式のネジで三脚の穴に固定して使います。

高さと横幅、両方とも結構の幅があるので、もしかすると三脚穴さえ付いていれば、対応機種以外のコンデジでも使えるかもしれませんね。 (まったく未確認ですが...)

DSC02249.JPG

本体上部に、照明スイッチが付いています。

LOWとHIGHで照明の明るさを切り替えられるのですが、LOWでもかなり明るい感じがしました。

DSC02250.JPG

照明をつけるとこんな感じです。

ちょうど円形の中心部にレンズがくるようにセッティングするので、万遍なく均一に照明があたるようになっています。

DSC02254.JPG

大きさは、DSC-Tシリーズとほぼ一緒ぐらいです。

早速、リングライトを使って撮ってみました。

ノーフラッシュ:オート
DSC02295.JPG

革製の筆箱なのですが、ノーフラッシュだと補正はいらないまでも、ちょっと暗い感じです。

フラッシュ:オート
DSC02296.JPG

この距離でフラッシュを使うとこういう写真になってしまう事が多いです。 

リングライト使用:オート
DSC02300.JPG

かなり良い感じに撮影されました。

ノーフラッシュ:オート
DSC02283.JPG

蛍光灯の真下で撮影したのですが、少し暗いです。

かなり傷ついたパールなのですが、パールに蛍光灯の光も写り込んでしまっています。

フラッシュ:オート
DSC02279.JPG

こういった光沢のあるもので、フラッシュを使うとこうなってしまいます。

リングライト使用:オート
DSC02287.JPG

リングライトを使ってもまだ少し暗いのですが、色合いはかなり良く表現されています。

また、蛍光灯の写り込みも少なくなりました。

ノーフラッシュ:オート
DSC02289.JPG

蛍光灯の明かり一点に集中して中心部が判別不能になってしまいました。

リングライト使用:オート
DSC02294.JPG

かなり光沢がある置物なのですが、リングライトの光が円形に写ってしまいました。

光沢のあるモノの場合、距離や角度を考えて使用しないと、こういう失敗もあるようです。

ノーフラッシュ:オート
DSC02261.JPG

これでも満足なんですが・・・

リングライト使用:オート
DSC02263.JPG

やはり光沢のあるモノを撮るには少しコツが必要みたいです。

ただ、材質そのものはこちらの方が、良く表現出来ています。

何日か使用した感じとして、マクロ機能で撮影する場合は、リングライト自体の照明が強い為、撮影する環境の照明や角度を考えないと失敗する事もあります。

ただ、フラッシュのような一瞬だけ強い光があたるのとは違いますので、コツを覚えてしまえばすぐ慣れる事が出来ますので、ブロガー向けの物撮りには便利なアクセサリーだと思います。





« 【気になるところと、レビューまとめ】サイバーショットT200 | トップページ | サイバーショット「DSC-T200」とシルクロード!(1)はじめに »





サイバーショット新製品レビュー サイバーショット「DSC-T200」 ■サイバーショット「DSC-T200」

サイバーショット「DSC-T70」 ■サイバーショット「DSC-T70」

TVCMでもお馴染み「スマイルシャッター」機能搭載のサイバーショット最新モデル!いち早く購入した方々のレビューをご紹介いたします!


サイバーショット「DSC-W200」 サイバーショット「DSC-H7」

モニターレビュー最新記事 モニターとして、最新サイバーショットを約1ヵ月間体験するブロガー達の新着レビュー記事です。

関連リンク MONO-PORTAL
MONO-PORTAL
LLPレビューブログ推進委員会


サイバーショット公式サイト
ソニースタイル

RSS 新着記事の情報を取得する
Powered by Movable Type