サイバーショット「DSC-T200」とシルクロード!(4)サイバーショットはコミュニケーションツール

写真正直、過去に旅行した地域の中で、ここまで英語が全く通じないのはここが初めて。漢族の人とは、まだ筆談で意味も通じるが、ウイグル族だとそれもちょっと微妙。


ウイグル族にとって、第一言語はウイグル語で、第二言語が漢語。
英語は、数字もわからないという人が大半みたいだ。

でも、せっかくの一人旅。
地元の人ともコミュニケーションしたい。

そんな時、サイバーショットで撮りためた写真が、会話のきっかけになったりする。

サイバーショット「DSC-T200」のいいところは、やはりこの圧倒的な液晶の大きさ(大きいというか、背面が全部液晶になってる)。そして鮮やかさ。

写真

スライドショー機能を使って、写真をムービーのように見ていると、まるで小さな携帯テレビかなにかのようにも見える。

街中の小さな食堂で夕食を食べ終え、お茶を飲みながら、写真整理をかねて再生していると、好奇心いっぱいの店員さんなどが後ろから覗いてくる。ここまで液晶が大きくて鮮やかなデジカメもまず見たことがないだろう。一瞬、それがどういう機械なのか不思議に思うらしい。

「カメラ」

そう言いながらにっこり笑って見せると、向こうも「ああ」という笑顔を向けてくれる。

再生されているのは、街中のいろんな風景だ。

たぶん自分は、異常に写真を撮りすぎる観光客だと思う。

写真

三輪トラックだったり、

写真

荷台にかごごとくくりつけられた鶏だったり、

写真

夜の路地だったり、

写真

インターネットカフェの看板だったり、

地元の人にとっては、「なぜ、こんなものまで!?」とちょっと驚くような写真群になっている。

そんな写真があると、言葉が通じなくても不思議と会話ははずむ。
ある食堂の女性スタッフは、ある風景写真を見て、「私の家はこのすぐ近くなの!」とジェスチャー交えて話してきた。そのあたりの写真を他にも何枚か撮っていたので、めくると、「そうそうこの先よ!」と、液晶画面を指差した。

写真

と、拡大モードが働いて、その部分がタイミングよくアップになったり。

「これは○○○というものだ」

そう名前を教えてくれる人もいる。
ちゃんと書きとめておかないので、結局すぐ忘れちゃうけど、そうした話ができるのも、何人かで一緒に見て楽しめる、液晶が大きなサイバーショットのおかげ。

デジカメも、使い方によっては本当に楽しいコミュニケーションツールになると思う。
特に、まったく言葉が通じない場所を訪れる時にはとっても貴重な存在♪





« サイバーショット「DSC-T200」とシルクロード!(3)ウイグル族の女の子が撮影に挑戦! | トップページ | サイバーショット「DSC-T200」とシルクロード!(5)メモ代わりにシャッター »





サイバーショット新製品レビュー サイバーショット「DSC-T200」 ■サイバーショット「DSC-T200」

サイバーショット「DSC-T70」 ■サイバーショット「DSC-T70」

TVCMでもお馴染み「スマイルシャッター」機能搭載のサイバーショット最新モデル!いち早く購入した方々のレビューをご紹介いたします!


サイバーショット「DSC-W200」 サイバーショット「DSC-H7」

モニターレビュー最新記事 モニターとして、最新サイバーショットを約1ヵ月間体験するブロガー達の新着レビュー記事です。

関連リンク MONO-PORTAL
MONO-PORTAL
LLPレビューブログ推進委員会


サイバーショット公式サイト
ソニースタイル

RSS 新着記事の情報を取得する
Powered by Movable Type